不動産業のIT化

「IT重説」でお部屋探しがより便利に!遠隔地からお店に出向かなくても契約が可能になる話

こんにちは、リーシングチームの岡本です。

不動産に関する話題で、「IT重説」というワードを見たり、聞いたりされた方々も多いと思います。「2017年10月1日から、IT重説が認められるようになった」というものなのですが、この「IT重説」とはどういったものなのか?、「IT重説」が開始されると、お客様にどのようなメリットがあるのか?、これから不動産に関する契約の手続きがどのように変化するのかについてお話していきます。

続きを読む

不動産取引における重要事項説明のIT化とはどのようなものか?・・・

こんにちは システム部の大江です

政府のIT活用の閣議決定を受けて、不動産業界では、取引の仲介時に定められている『重要事項の説明と重要事項説明書の交付』について、IT化できるんじゃないか?ということで、これまでに「IT重説検討会」なるものが開催されてきました。現在、取引主任者による対面の説明が要件として義務付けられていた重要事項説明ですが、果たしてどのようにIT化されて、業者と消費者にとってどのようなメリットがもたらせるのでしょうか?

続きを読む

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら