台風対策

管理会社が教える「マンション管理者の災害時の備え」とは~台風災害対策編~

こんにちは管理部メンテナンスチームです。

今年2019年の台風19号(ハギビス)では信州・東海・関東・東北にかけて71の河川の氾濫をもたらし、8万棟余りの住宅が被害を受けました。死者は93名、行方不明者3名という多くの犠牲者が出た記録的な豪雨災害です。

関西でも、2018年の台風21号(チェービー)がもたらした風害によって、大阪空港の連絡橋の橋脚に貨物船が衝突し空港が孤立したり、市街地では屋根が吹き飛ばされたりフェンスが倒壊するなどの建物の損壊を伴う甚大な被害が起こったことも記憶に新しいです。

地球温暖化による影響でしょうか大型で強い勢力の台風やゲリラ豪雨などの自然現象による被害が多く見られるようになってきています。

続きを読む

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら