自治体

穴をあける?あけない?スプレー缶・カセットボンベの処分方法は自治体によって異なります。

管理部です

2018年12月16日 札幌で起きた爆発火災事故は衝撃的でした。

原因は、除菌消臭剤のスプレー缶を室内で大量に廃棄したことで、可燃ガスが充満し、湯沸かし器を使用した際に引火して爆発したということです。木造とはいえ爆発元の店舗が跡形もなく吹っ飛んでしまうくらいですから衝撃は相当なものですね。

 

スプレー缶の処分は気をつけて行いたいものですが、どうすればいいのか各自治体によってバラバラです。そこで取り急ぎ関西の主な自治体の回収方法をまとめてみました。(随時更新します。)

続きを読む

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら