お知らせ

今話題の外貨建て保険!知らないと思わぬリスクも。押さえておきたい3つのポイント!

保険事業部です。

2019年、国税庁の税務ルール見直しがあり、いわゆる「節税保険」の販売が中止になりました。節税面での保険の魅力は薄れましたが、このところ、貯蓄性の面で外貨建て保険が注目されています。ただ、一方では契約者のクレームも増えているようです。何が原因なのでしょうか。今回は、外貨建て保険についてお話したいと思います。

続きを読む

(続)2019年10月火災保険料が上がる!駆け込み効果を狙おう!!

保険事業部です。

先日、ご案内したブログ「2019年10月火災保険料が上がる!保険料を安くしたい方必見!」では今秋に火災保険料が上がることをお伝えしました。今回はさらに、「値上げ前に駆け込みで火災保険を見直す方法」について、もう少しお話したいと思います。

続きを読む

2019年10月火災保険料が上がる!保険料を安くしたい方必見!

保険事業部です。

2018年の風水害による被害は記憶に新しいところですが、その影響は保険業界にも出ています。損保各社は支払保険金額が増えて収支が悪化しており、今秋に火災保険料を引き上げることになりました。今回は2019年10月に予定されている値上げの内容や、契約見直しの際の準備についてお話したいと思います。

続きを読む

【お知らせ】電気設備点検に伴う電話不通のお知らせ

 

建物の電気設備点検に伴い当社(本社)の電話、FAXが一時不通となります。ご迷惑をおかけしますがご了承のほどよろしくお願い致します

(なお入居様のコールセンターは通常通り受付させていただきます)

続きを読む

ITの活用で自動車保険料が安くなる!?テレマティクス保険とは?

保険事業部です。

IT(情報技術)の急速な進展は皆さんご存知の通りですが、その波は保険業界にも押し寄せています。以前のブログ(自動車保険の保険料が安くなる!ASV割引とは!?)で自動ブレーキ搭載車の保険の話をしましたが、情報技術の進化とともに、さらに新しい自動車保険を取り扱う保険会社が相次いでいます。このような状況のもと、今回は、自動車保険の新たな動き、テレマティクス保険についてお話したいと思います。

続きを読む

2019年自動車保険を更新する方必読!自動車保険改定で保険料が8%下がる!?

保険事業部です。

自然災害が多かった2018年が終わろうとしています。日頃意識することの少なかった保険の必要性について感じられた方も多かったのではないでしょうか。2019年、保険の新たな動きとしては自動車保険の改定があります。自動車保険は1年毎に更新する方が多いと思いますが、その内容を知らないと無駄な保険料を支払うことにもなりかねません。そこで今回は、大手損保を中心とした自動車保険の改定内容についてお話したいと思います。

続きを読む

穴をあける?あけない?スプレー缶・カセットボンベの処分方法は自治体によって異なります。

管理部です

2018年12月16日 札幌で起きた爆発火災事故は衝撃的でした。

原因は、除菌消臭剤のスプレー缶を室内で大量に廃棄したことで、可燃ガスが充満し、湯沸かし器を使用した際に引火して爆発したということです。木造とはいえ爆発元の店舗が跡形もなく吹っ飛んでしまうくらいですから衝撃は相当なものですね。

 

スプレー缶の処分は気をつけて行いたいものですが、どうすればいいのか各自治体によってバラバラです。そこで取り急ぎ関西の主な自治体の回収方法をまとめてみました。(随時更新します。)

続きを読む

さらなるサービス品質向上へ!ISO9001を活用したユニヴライフの取り組み

ISO9001

総務人事部です。

皆さんは、身の回りで「ISO9001認証取得」という企業広告を見かけたことはないでしょうか。「でも、ISOって何?」「取得企業は何が違うの?」と思われた方も多いかもしれませんね。実は、ISOの仕組みを活用することで、サービス品質を向上させることができるのです。今回は、ユニヴライフが取得済のISO9001と品質向上の取り組みについてご紹介したいと思います。

続きを読む

「創業20周年感謝の集い」を開催しました!

総務人事部です。

 

2016年10月7日(金)、千里阪急ホテルに於いて、ユニヴ・ライフの「創業20周年記念感謝の集い」を開催いたしました。

当社で管理させていただいているマンションのオーナー様や取引業者の方々をお招きしたこの集いには、大勢のお客様にご来場いただき、おかげさまで総勢200名を超える盛大な招宴となりました。

続きを読む

 個人家主・賃貸オーナーが直面するマイナンバーのリスクについて その2 ~「民間事業者にマイナンバーを提供する際に確認しておきたいポイント

「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき導入されたマイナンバー制度が平成28年1月1日から運用開始されています。

内閣府が設置した、マイナンバーの問い合わせ窓口では不動産を賃貸している個人の貸主様や、不動産を売却した個人の売主様から、「賃貸不動産の借主や、不動産の買主からマイナンバーの提供を求められることがあるか」、「マイナンバーを提供する義務があるのか」といった問い合わせが多く寄せられているとのことです。このことは、「マイナンバーが重要な情報である」こと、「不用意に提供すべきものではない」ことが十分に認識されていて、なおかつ、「詐欺や不正取得に対する警戒が強い」こと、提供を求められたときに「慎重に対応しようとする」ことが表れているように見受けられます。

まずは、「どのような場面でマイナンバーの提供を求められるのか」ということと「提供する際にどのようなことに注意しなければならないか」のポイントについて説明します。

続きを読む

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら