一人暮らしの学生も女性も安心!賃貸マンションでも導入可能なホームセキュリティ

一人暮らしの学生も女性も安心!賃貸マンションでも導入可能なホームセキュリティ

こんにちは、リーシングチームです。

「ニュースを見ていると、ストーカーや不審者の犯罪も多く、一人暮らしをする(させる)のが不安になっている」「不在時の侵入を知らせてくれるサービスがあれば欲しい」などといった、生活面での不安を考えて、住居のセキュリティを高めたいと思っていらっしゃるお客様が増えています。

 

防犯のプロである警備会社が提供する”ホームセキュリティサービス”というわれるものがこれらの不安を解消するサービスに当たるのですが、一般的に”ホームセキュリティ”というと、「費用がいくらかかるかわからない」あるいは「費用が高そう」「戸建住宅や分譲マンションに導入するもの」というようなイメージが強いのではないかと思います。 最近のホームセキュリティは以前と比べると金額がリーズナブルになり、機器の取り付けも容易になったことで、一般的なファミリーや一人暮らしの賃貸マンションでも導入可能なサービスが増えています。今日はそんな賃貸のホームセキュリティについてお話します。

 

1.まず初めにホームセキュリティとは

テレビのCMでもよく【ホームセキュリティ】とのワードを見たり聞いたりしている方が多くいると思います。

ですが、その中にもホームセキュリティの言葉の意味をよく知らない方も多いかと思います。そんな方の為にホームセキュリティとは何かをご紹介したいと思います。

自宅の安全・安心を守るシステム

自宅に設置したセンサーが火災やガス漏れ、侵入などの異常を検知したとき、警報を発したり、自分や契約先の警備会社などに自動で通報し、場合によっては駆け付け対応を行う、自分自身あるいは家族、そして財産を守るためのシステムがホームセキュリティです。

「警備会社と契約するタイプ」か「セルフタイプ」か

ホームセキュリティは大きく2種類。プロと契約するタイプとセルフタイプに分けられます。警備会社と契約するタイプは、警備会社が提供するサービス(基本となるベースのサービスにオプションをプラスして自分にあったサービスを構成していきます)を契約、あとはお任せで警備機器の設置から24時間受信体制を整えて警備してくれます。万が一の時にはプロの警備員が駆け付けて対応してもらえるのがとても心強いですね

 

一方、自分自身でセキュリティを強化することもホームセキュリティといいます。セルフタイプは、防犯カメラなど自分で探しだして、購入・設置し防犯を行います。商品の仕様に関する情報や知識の収集と設置・設定などを自分自身で行う必要がでてきます。

 

テレビでCMしているのはプロの警備会社と契約するタイプのホームセキュリティですね。

2.ホームセキュリティの主な感知機器

ホームセキュリティでどんなことができるのか、一般的な機能についてみていきましょう。基本的には異常を感知し信号を発信する”センサー”の種類とセンサーが発した信号を受信し、セキュリティ会社が駆け付けたり、感知した情報を契約者にメールで知らせて対応するサービスの内容で構成されています

異常を感知するセンサーにはどのようなものがあるかご説明します

(1)侵入を感知する(人感センサー・マグネットセンサー)

人感センサー

人が発する遠赤外線の動きや変化を監視し、侵入異常を感知し信号を送ります。

人の侵入を感知する人感センサー

マグネットセンサー

扉や窓などの侵入口に設置し開閉を感知するセンサーです

 

(2)火災を感知する

 

煙や定温式の火災感知センサーで火災発生を検知し、異常を知らせます。

賃貸マンションにはあらかじめ火災報知器が設置されていますので、賃貸向けのホームセキュリティサービスでは「火災感知」機能がオプションとなっている場合があります。ホームセキュリティお問い合わせ時にご確認ください。

(3)非常警報

ボタンを押すだけで監視センターへ非常を通知します(※各警備会社様によってセンサーの機能に違いはあります)。

写真は持ち運び可能なリモコンタイプの警報ボタンです。寝室やトイレに持ち運ぶことが可能です。就寝時に不審な気配や物音を感じたときはボタンを押すだけで監視センターへ異常信号が送信されます。

 

(4)コントローラー

各センサーが感知した異常をキャッチし監視センターへ送信します。ほかにセキュリティのモードを切り替えたり、セキュリティの開始・解除を制御します

自宅の各所にセンサーを設置し、センサーが上記3点のいずれかの異常を検知するとリビングに設置しているコントローラーから警報音が鳴り、コントローラーから警備会社に異常信号を送信し、異常を感知したことを知らせます。異常事態を受信した監視センターが緊急発進基地に出動を指示し、自宅に警備員が急行することになります。状況に応じて監視センターが異常を受信した際に警察・消防などの出動が必要なものと判断すると、監視センターより必要に応じて通報します。

 

ホームセキュリティは防犯だけでなく火災ガス漏れ急病のときの救急手配にも対応可能です。

 

3.ホームセキュリティ会社の選び方

ホームセキュリティの基本的な機能をお話しましたが、「サービスがあまり変わらないなら、どの警備会社を選べばいいのかわからない」と思われているかもしれませんね。そんな方へ、セキュリティ会社の選び方をお伝えしたいと思います。

サービス内容と金額以外の選定ポイント

(1)緊急発進拠点が自宅から近い

「なにかあったときにどれだけ早く駆けつけてもらえるのか?」 これは重要なポイントといえます。各社の拠点位置は、侵入者にとって有益な情報となるため公表されていません。見積り、契約の際に拠点との位置関係をご確認下さい。

(2)緊急発進拠点の数が多い

拠点数が多いことで、広域かつ多面的な警備サポートが可能になります。府県でどれだけの拠点数があるかも重要なポイントとなります。ホームセキュリティニーズの高まりにつれて、警備会社の拠点数も増えてきています。

ユニヴライフが提携するホームセキュリティは「関電SOS」

ホームセキュリティ会社も多くあって、基本的な機能が変わらない、発進拠点がわからないならどのホームセキュリティにすればいいかわからないと悩んでいるのでしたら当社が提携するホームセキュリティをご紹介いたします。

関電SOSは、電力会社の関西電力警備会社「東洋テック」との連携により生まれたホームセキュリティ会社です。セコムやアルソックに比べると全国の拠点数では少ないですが、、地域密着型のサービスで、関西エリアに特化した緊急拠点を設置しているのが特徴です。関西地区にお住まいの方はぜひ検討していただきたいホームセキュリティサービスです。

4.関電SOSのサービス概要

関電SOSは関西地区に強いホームセキュリティサービスです。警備拠点から駆けつけ先の居宅までの時間に厳しく制限を設けていますのでプロの警備員がスピーディに駆けつけるのが特徴です。また、インターネット環境が未整備でも機器の設置が可能で、取り付け工事も簡単で、賃貸でいまお住い中のお部屋でもすぐに取り付けることが可能です。安心ですね。SOSサービスの主な機能、サービスは次の通りです。

(1)警報メール通知サービス

関電SOSでは異常を検知したことをメールで通知しますが、通知先を最大3件、指定先にメール通知します。ですので、一人暮らしの学生さんのお部屋の異常を検知した場合は、親御様の携帯にもメールでお知らせすることができます。この機能で最新状況の確認が可能となります。

(2)遠隔操作機能

外出先から、スマートフォンやパソコンなどを使って、セキュリティのセット・解除、動作状況の確認ができます。うっかり、セットを忘れても、外出先から設定が可能です。

(3)通信回線システム

コントローラーからの異常信号の送信経路は、インターネット回線と携帯電話回線を利用しています。不測の事態でインターネット回線が利用できない場合でも、ご自宅と監視センター間の信号伝達経路が確保できます。

 

関電SOS料金表

【レンタルプラン】

契約

期間  

: 5(以後1年ごとの更新)

月額

保証料

: 5,400(税別)

初期

費用

: 33,000円(税別) 

   今なら0(※1)

【買取プラン】

契約

期間

: 1(以後1年ごとの更新)

月額

保証料

: 2,900(税別)

初期

費用

: 225,000円(税別) 

  今なら167,000(※2)

 

(※1)(※2)とも 2020年3月31日(火)までにご契約された方が対象となります

<割引キャンペーンは2020年2月10日現在の情報です。予告なく割引キャンペーンが終了する場合もありますので契約時にご確認ください>

 

この他にも、お客様のニーズに合わせて、カスタマイズできるオプションメニューが幾つかあります。一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

 

5.今お住まいの賃貸でも導入可能です

サービス開始までの流れは次の通りです。

①お問い合わせ(無料)

  ↓

②コンサルティング(無料)

  ↓

③お見積り(無料)

  ↓

④ご加入手続き

  ↓

⑤機器設置工事

  ↓

⑥サービス開始

①~③のお見積りの作成は無料ですので、ホームセキュリティ契約をお考えの皆様は、一度ご相談されてはいかがでしょうか。なお、関電SOSにご関心のある方は、弊社管理部までお問い合わせください。ユニヴライフ 管理部 電話:06-6310-3536

6.最後に

いかがでしたか?今回はホームセキュリティについてお話ししました。不安の解消のためにセキュリティの高いマンションに引っ越す方法もありますが、それが面倒な方や転居が難しい方は今住んでいる賃貸にホームセキュリティを導入してみることをおすすめします。警備会社の駆け付けがあるホームセキュリティサービスは一人暮らしの方には心強いサービスになると思います。

ホームセキュリティに関心のある方や、一人暮らしで不安な方にはお勧めです。この機会にぜひ一度ご検討下さい。

「ユニヴライフは安全で快適な”LIFE”を創造します」

 

お部屋探しや物件内容の確認、賃貸管理、資産運用など

【管理部】受付時間 9:30~18:30(日・祝日休み)

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら