知っておきたい火災保険 水災被害も火災保険で補償されるの!?

知っておきたい火災保険 水災被害も火災保険で補償されるの!?

 保険事業部です。

今年も昨年同様、日本各地で大型台風や集中豪雨により、多くの災害が発生しました。皆様、被害はありませんでしたでしょうか。火災保険に加入されている方は多いと思いますが 「台風や大雨の被害って、火災保険では補償されないのでは?」と思ってる方も多いのではないでしょうか。実は、水災でも補償される場合があるんです。今回は水災補償についてお話ししたいと思います。

火災保険の水災補償とは?

 水災とは、「台風・暴風雨・豪雨等による洪水・高潮・土砂崩れ・落石等」をいいます。但し、地震による津波は水災には該当しません。 これは地震保険の加入が必要です。

例えば

・台風による洪水で床上浸水し、壁や床が水につかってしまった

・豪雨により土砂崩れが発生し、家が押し流され全壊してしまった

 次のような被害が水災被害に該当します 

・壁や床が泥水で汚れてしまった時は、「建物」が火災保険の(水災補償)対象にふくまれている場合に補償

・電化製品や家財が泥水につかり、壊れた時は   「家財」の火災保険の対象に含まれている場合に補償

 

※ご注意ください

自動車は建物や家財に含まれません。自動車が水没した場合に備えて別途、自動車保険の車両保険に加入しておく必要があります。

近年の水害は、今までとは違う!?

「自宅近くに川や山、海がないから自宅は大丈夫!」、「水災補償は必要ないから加入しなくてもいい 」 ・・・と安心されていませんか?

近くに川や山がなくても、水が行き場を失い、様々な所から溢れ出したり、溜まってしまったりと、都市型洪水(内水氾濫)も増えてきています。アスファルトやコンクリートで舗装されている都市部では、集中豪雨などで排水処理能力を超える想定外の水が流入した際など下水道や河川があふれて洪水になることもあります。

 

また、水災補償は大雨による土砂崩れ、がけ崩れ、地すべり、土石流などの土砂災害による被害も補償されます。高台に建つ住宅にお住まいの方は洪水被害だけでなく、土砂災害の可能性はないか等の確認も必要な時代になってきています。

水災補償がついていても全額補償されない!?

水災補償がついているからと言って、必ずしも水災被害が全額補償されるわけではありません。保険会社によって異なりますが、最近加入された火災保険の場合、一般的には以下の被害のみが補償対象となります(※注意/居住住宅やマンションのケース)。なお、テナントビルや工場などは補償内容が異なります。

 

1.保険の対象(建物・家財)が再調達価格(同じようなものを新たに建築したり、購入するために必要な金額)の30%以上の損害が発生した時

2.床上浸水または地盤面より45㎝を超える浸水による損害が発生した時

 

過去には水災補償が対象外の火災保険も存在していました。ご自宅やマンションを以前に購入されて長期の火災保険に加入された場合(30年契約や25年契約)ですと、その時代に主流であった火災保険では水災補償は最大でも保険金額(補償額)の70%までしか補償されない契約もあります。

 

 例えば、3,000万円の自宅が水災や土砂崩れで全損した場合でも、受け取れる保険金は70%の2,100万円が限度となります。 ぜひこの機会に見直しましょう!

※被害が軽度であれば、最悪の場合、補償されないこともあります。

ぜひ、補償内容の確認を

 火災保険は住宅ローンを組む際、長期契約している方も多いと思いますが、火災保険に加入しているからといって安心はできません。契約当時の古い補償内容になっていることで、水災補償がついていても十分な補償が受けられないケースもあります。

 

もし、火災保険に加入後、今日まで契約内容の見直しがなければ、どのような災害時に補償されるのか、支払基準はどのようになっているのか、支払われる保険金額がどのような設定になっているのかを確認することをお勧めいたします。

 

現在の契約で十分な補償が備わっていない場合は、補償の充実した新しい火災保険に入り直すことも検討してみてはいかがでしょうか。

補償内容のチェックは保険料の見直しよりもっと大切だと言えそうですね。

とにかく一度、保険の専門家へ皆さんの契約内容の相談をされてみてはいかがでしょうか? きっと皆さんにあったアドバイスをしてくれるはずです。

 

テレビCMなどでは扱われませんが <火災保険の確認・見直し> が実は結構構重要なことがおわかりいただけましたでしょうか?

私たちのまわりには様々なリスクがあります。どんなリスクがあるか、どんな補償(保障)を付けるべきか、その都度アドバイスできるパートナーが必要ではないでしょうか。

損害保険も、生命保険も、保険のことなら保険事業部へ。

 

「ユニヴライフは安全で快適な”LIFE”を創造します」

 

 

保険に関するお問合わせ(ご質問・お問合わせ)

【保険事業部】受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日休み)

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら