不動産業界コラム

管理会社が教える「不法投棄対策とは」

こんにちは、管理部メンテナンスチームです。

管理会社にいると住まいに関する様々な対応を行いますが、結構ゴミの問題に悩まされます。ゴミの問題といってもさまざまで、分別の問題や、カラスや猫の問題などもありますが、中でも行政が回収してくれない大型ゴミの「不法投棄」はほんとに困ります。

 

処分するにも費用がかかりますし、撤去しても繰り返し捨てられるという事もよくあります。土地・建物のオーナーの方や管理会社の方は、一度はお困りの経験があるではないでしょうか?

 

このような「不法投棄」はどのように対策すべきなのでしょうか?管理会社のノウハウを少しご紹介させていただきます。

続きを読む

「IT重説」でお部屋探しがより便利に!遠隔地からお店に出向かなくても契約が可能になる話

こんにちは、リーシングチームの岡本です。

不動産に関する話題で、「IT重説」というワードを見たり、聞いたりされた方々も多いと思います。「2017年10月1日から、IT重説が認められるようになった」というものなのですが、この「IT重説」とはどういったものなのか?、「IT重説」が開始されると、お客様にどのようなメリットがあるのか?、これから不動産に関する契約の手続きがどのように変化するのかについてお話していきます。

続きを読む

【アンケート】賃貸マンションの家主様が選ぶ「許容できるマイナンバーの提供方法」とは?

マイナンバー制度が導入されるにあたって、賃貸不動産の管理会社でも、サブリース契約などの場合、支払い調書を作成する際に賃料をお支払いしている家主様のマイナンバーを記載しなければなりません。家主様からマイナンバーをご提供いただくにあたってどのような手段をとるのが適切であるか、一番許容いただきやすい方法で取得するのがもっとも効率のいい取得方法と考え、賃貸不動産を所有されているオーナー様に直接アンケートを取り、お伺いしてみましたので、その一部を公開いたします。

続きを読む

個人家主・賃貸オーナーが直面するマイナンバーのリスクについて

2015年10月からマイナンバー(個人番号)の通知が始まります。「マイナンバー法」(※1)が施行され、2015年10月5日時点での住民票をもとに一人一人に個人番号「マイナンバー」が簡易書留で通知されます。これにより個人の識別が明確になり、①公的サービスや給付においては公正な給付と負担が確保される。②行政運営が効率化される。③公的申請、届け出において国民の手続きの負担が軽減される。 と言われています。賃貸オーナー様にも関係が深いマイナンバーについて、これから3回にわたって解説していきたいと思います。

続きを読む

不動産取引における重要事項説明のIT化とはどのようなものか?・・・

こんにちは システム部の大江です

政府のIT活用の閣議決定を受けて、不動産業界では、取引の仲介時に定められている『重要事項の説明と重要事項説明書の交付』について、IT化できるんじゃないか?ということで、これまでに「IT重説検討会」なるものが開催されてきました。現在、取引主任者による対面の説明が要件として義務付けられていた重要事項説明ですが、果たしてどのようにIT化されて、業者と消費者にとってどのようなメリットがもたらせるのでしょうか?

続きを読む

ユニヴ・ライフへのお問合わせはこちら